愛犬と医療保険を考える

少子高齢化問題が、マスメディアでも取り上げられ、方々で大きな影響を与えているようです。
医療の世界では、医療費を抑制するために、医薬品の削減を試みたり、あるいは、公的機関でも少子化対策を考え出そうとしていますが、なかなか効果がないようです。
少子高齢化は、経済的な成熟を意味し、先進国に共通したことのようですが、日本は類例のないスピードで進み、それもまた、問題を難しくしている証なのかもしれません。
しかし、少子化と言っても、単に子供を持つことが嫌になったから、という訳でもないようです。
そこには、いろいろな要素があるようで、一説によれば、子供の代わりに犬を飼う人が増えたようです。
これは、1990年代後半のペットブームが発端となったことは否めませんが、ペットの家族化が日本でも進み、いずれは欧米並みになるのでは、と考えられているようです。
今では、集合住宅でも犬を飼うことができ、新築物件でペット不可であると、人が寄り付かないそうです。
もちろん、犬を飼うことで、種々の問題が起きていることも事実です。
人が社会の中で暮らしていくのであれば、時にトラブルが生じてしまうことは、どの時代でも、また、どの社会でもあるのでしょう。
ともかく、今では、犬を飼う人が増え、家族の一員と見なしている人も多いようです。
けれども、犬がいるということは、楽しさばかりではありません。
犬特有の病気があり、予防することが必要です。
あるいは、犬が罹患する病気の中には、人も罹患してしまうものがあり、人畜共通病として知られています。
そういう病気への備えは、自分の備えでもあります。
何より、犬は人よりも寿命が短く、なおかつ、がんなどの病気になることもあります。
つまり、動物医療との関わりもあるとのことです。
しかし、動物医療は、人のように確立された体制がなく、すべて自由診療です。
そこで、ペットのための医療保険が登場し、人の健康保険のような役割をしています。
このサイトでは、そんなペットの医療保険を犬に絞って、お話しています。
一体、どのような特徴などがあるのか、ここでの記述をお読みいただいたのちに、お分かりいただけるようであれば、幸いです。
SEARCH
SHARE
LINEで送る
Copyright (C)2015愛犬のための医療保険〜ペットも健康管理〜.All rights reserved.